fionak’s blog

札幌在住。スマホゲームはやめました。

日本のキャラ作りは異常

「どうして日本はあんな汚らしいポルノを世界に垂れ流しているの?」
 そういう目で海外から見られているという話を聞いて以来、スマホゲームのキャラ乱発に疑問を感じるようになった。

 製作者は「架空のキャラならどんな格好をさせても、どんなひどいことをしても良い」と思っているのだろうか。卑猥な格好のキャラを量産して売ることが、女の子、あるいは男の子のイメージをひどく貶めていることに気がつかないのだろうか。
 十歳以下の女の子キャラがほとんど裸のキャラ設定を疑問にも思わず見て喜ぶのは、小児性愛と勘違いされても無理がない。これは女性が好むBLなども同様。未成年キャラを成人キャラが犯しているのを見て喜ぶなんて小児性愛だ。海外からはそう見られている。同人誌も同じ。

 日本人はいつになったら、自分が異常なイメージを見せ続けられて、感覚が麻痺していることに気づくのだろう。

 海外では日本のひどいポルノや同人誌をまねたと思われるレイプ事件が実際に起きていて、それはつまり、日本が無自覚で放ったイメージが人を傷つけ、時に殺人や自殺まで引き起こしているということ。
 それは、日本人が彼女たちをレイプしているも同然。海外から恨まれて攻撃されるのは時間の問題ではないか。

 実際に、日本人が海外に行ったときに卑猥な言葉を浴びせられたり、「なぜ日本に入国したとたん、ポルノの広告ばかり表示されるの」と言われたり、もう現在進行形で影響は出ている。


 規制の話が出るたびに作家たちから「表現の自由」としつこく反対されるが、実際に子供が巻き込まれる誘拐や性犯罪が起きている事実をなぜ見ないのか。
「大人がポルノを作る権利」が「子供の安全」より優先される国はもはや狂気の沙汰。自由の履き違えもいいところだ。


 インターネットは、世界中につながっている。貧しい国ではろくな教育を受けられない国も多い。ある程度知識や常識を教育された人向けのポルノだと日本人が思っていても、海外ではろくでもない人間、無知な人間が悪用する。平和な国の年齢制限など彼らには通用しない。強烈なイメージに影響された海外の男性がレイプ事件を起こす可能性を、なぜ日本人は想像出来ないのだろう。


 今の日本で不気味なほど異様な性表現が流行しているのは、かつて嫌な思いをして何らかの性的トラウマを持った世代の暴走なのではないか。
 少年・少女マンガのような表紙の本を開いたら中身はポルノ。そんな本が普通に本屋に並んでいるのは恥ではないか。店員が女性だったら、いや、男性でも、そんなものの分類や管理をするのは嫌ではないのか。


 小さい頃からアニメなどで小さな女の子のイメージに慣らされているのが異常で、海外では「子供が戦う話」は子供向けでも規制される国がある。ましてや「子供がレイプされている漫画を尊いとか言ってる小児性愛の異常者」を出している日本が軽蔑されないわけがない。



 そういうことを考えていたら、無自覚にゲームをやっていた自分がダメ人間だということに気がついた。小学生の時既にドラクエ3で「女戦士の服がビキニなのはおかしい」と言っている人がいたではないか。最近のドラクエも、子供が戦う話。大人は無責任なのか。


 スマホの時代になっても、このブログの過去記事のように、バカみたいにキャラに夢中になって時間とお金を使っていた。でも、冷静に考えたらこのゲーム製作者たち、女性のイメージを不当に貶めるようなデザインやバカみたいな性格設定で差別してる人、しかも、それで莫大な金を得ている犯罪者ではないか。
 これは決して大げさな表現ではない。
 しかも、そういうキャラをデザインして胸だの尻だのを不気味に強調した絵を描いているクリエイターの多くが女性だ。やはり感覚が麻痺しているのか。

 女性差別をしているゲーム、差別的なイメージを撒き散らしているアニメ、マンガ、同人誌。
 そんなものに使う金も時間もないのだ。
 私は愚かすぎた。

 
 

ウイルス対策のキーホルダーなるものがあった(百均)

f:id:fionak:20200920112934j:plain

エレベーターのボタンを押すときに使うそうです。

単なるシンプルをひねったデザインかと思ってよく見たらウイルス対策だった。

いやあ、これ、
あまりにも金属で、

これでプラスチックのボタンとかガシガシしたら、
破損しそうな気がする。
ラバー素材とかかぶせたほうが……いや、
百円にそこまで求めてはいけないか。


ググってみたら、
私が知らなかっただけで、
楽天とかで普通にいろいろ売っていて、
けっこう高い評価とかついていた。

しかし、
使っているの見たことないんですが、
私の行動範囲が狭すぎるせいですかね。
病院とかで使うのかな。


とりあえずこれは、
普通のキーホルダーとして使うか、
歴史的資料としてスケッチネタにするか、
そんな感じで考えてます。


百均を見ると世の中がわかる……のか?

刺身用の皿をやっと買った

刺身用の皿をずっと探していたのですが、
全然関係ないものを買ったりと迷走ぎみでした。

最初は、日本風の、
四角いものをイメージしていました。
が、
いろいろ焼き物を見ているうちに、
どうしても気になる皿が現れました。

f:id:fionak:20200913075735j:plain

野々村さんという方が作っている織部の皿です。
中心に色?がたまったのか沼のように濃くて、
写真はライトが当たっているのですが、
中心部にオーロラみたいなものが見えます。
値段は2000円くらいで、送料は別です。

値段が高いし、一枚だけ買うのもどうかと思いました。
が、どうしても気になり、
他の皿を見て回っても、この皿が頭から離れず。
結局、買いました。

一枚だけ買ったのに、
すごく厳重に包まれて紙の箱に入っていて、
作者の名前と経歴の入った紙と、
陶器の扱い方説明が同梱されていました。

食器というのは、少なくとも陶器は、
使う前と使った後に、
色々と気を使わなくてはいけないのですね。

そういうことって、
百均の皿ばかり使ってたら気づかないよなあ。
自分のガサツさを改めて感じる(;;;・_・)


早速何か載せてみようかと思ったが、
届いたのが夕方、しかも、
週末は買い物しない予定だったので、


f:id:fionak:20200913080712j:plain

我ながら、冷蔵庫の中身まで貧困がひどい(˘・_・˘)
すみません本当に。
刺身を冷凍しておけばよかった……。

何か載せて似合うものないかなあと、
部屋を徘徊してみたのですが、


f:id:fionak:20200913080906j:plain

……悪ノリの血が騒ぎ始め、
収拾がつかなくなりそうだったので、
このへんでやめておきました。


大事に使わなきゃなあ。
こんないいものはめったに買えないし。

f:id:fionak:20200913081107j:plain

ちなみに、裏面はこんな感じです。







*2020年9月14日追記

f:id:fionak:20200914194948j:plain

刺身買った〜!
けど、盛り付けのセンスがなくて、
皿がほとんど見えない。
なんかすみません……。

でもなんか雰囲気がありますね。
使う前に水につけろと書いてあったから、
ちゃんとその通りにしましたよ。


f:id:fionak:20200914195139j:plain

湖面に浮かぶプラ菊様。
なんかきれいですね。プラでも。

そういえば、
刺身についてくる菊って、昔は本物の生花でしたね。

最近は大葉もプラというか、シート化してますね。
コストなんでしょうか。

今の風情がなさすぎなのか、
昔が豊かすぎたのか。

ミスフォーチュンエルフを育ててみた(神撃のバハムート)

f:id:fionak:20200903054305p:plain

f:id:fionak:20200903054329p:plain

f:id:fionak:20200903054354p:plain

f:id:fionak:20200903054419p:plain

つまり、
ギャンブルで儲けたけど、
盛大にスッて無一文になり、
女王様の愛人になって富を得たと(笑)

果てしなく努力してないですね〜(๑•﹏•)
本人のためにはならない可愛がり方ですね。
逆シンデレラですかね。

海外では、シンデレラ物語は他力本願すぎて、
子供に聞かせないようにしている親もいるとか。


レアリティは最高じゃないですが、
なぜか4枚揃えて最高まで上げると、
攻撃力が40000超え。
下手なLGより強くなり、
自動編成で攻撃デッキに入ってきます。

イベント限定ですが、回復性能が強力で、
SSRにしては、最後まで育てて使ってる人が多い。
つけているといつまでも回復して、
長く戦えるんです。


今回のイベントは、
同じ属性のカップル?ぷちキャラがもらえて、
配布カードも強い。
9周年の大サービスでしょうか。

そういえば、今はグラブルも、
配布石が「結婚式」なんですよね。

何でしょうか、女子のカップル妄想を刺激して、
そこから貢がせる作戦でしょうか(笑)


ただ、ある小説の解説にあった、
「世の中が保守化し、ベビーエンドの物語が増えている」
というのも思い出して、若干怖いですね。
エンタメの影響というのは確実にありますから。

小説投稿サイトも、最近は、
恋愛ファンタジーばかりで、
真面目な純文学作品を探すのは一苦労。


最近読んだいい本は、カズオ・イシグロの、
浮世の画家」です。
戦後の日本が舞台。主人公は元画家。
余計な恋愛話一切なし。
孫との会話に女はどーだ男はどーだという会話がしつこく出てきて嫌な感じですが、昭和の頃は今より男尊女卑で、男らしさも女らしさも滑稽なほど変だったので、当時をよく表しているとも言えます。