fionak’s blog

札幌在住。スマホゲームはやめました。

編み込み模様の帽子が完成

f:id:fionak:20181105175306j:plain

編み図とにらめっこして、いちいち目の数を確認しないと、
ずれたら悲惨なことになる編み込み。

なんとか完成しました!
ちゃんと耳が隠れる大きさに。
(気温がマイナスの地では重要。耳は寒さに弱いので、隠れる帽子か耳当て(イヤーマフ)必須)

途中でグレーの糸が足りなくなり、
白にしたため、ちょっと謎な配色に(笑)


いつもは100均の糸を使うのですが、
『ちゃんと本に載っている糸を使ってみたい』
と思って、地元の手芸店に行きましたよ。


ハマナカのメンズクラブマスター。
一玉、600円くらいするんです(´Д`|||)


そう、それが毛糸の本来の価格なんです。
ウール一玉600円から800円。
高いものは1000円以上。

それを、
セーターなんか編んだ日には、
一着10玉~20玉使うので、
単純に糸代だけで万単位。


じゃあ、100均の糸はなんなんだ?
と最近思い始めたので、

帽子は2玉(ほんとはグレーがもう一玉必要だった……)で済むこともあり、

今回のこれが完成したのでした。



やっぱり、指定の糸で編むのが一番楽で確実なんですね。
毛糸はゲージ(編んだときの大きさの目安)がそれぞれ違って、
指定以外の糸だと、
大きさを合わせるのが難しい。


みなさん。
ニットは本来、高くて当然なのですよ!
糸代に、かかる手間も膨大……。


本来は裕福な人の趣味なのかもなあ。


私の母の世代までは、
『店に売ってないから自分で編むしかない』
ので、
古いセーターをほどいて、糸を再利用していたそうです。
今は糸も溢れちゃってるからなあ。


ほんとは貴重な資源なんだから、
もっと大事にしたほうがいいよなあ。




毛糸だけでなく布もそうですが、
手芸は本来、お金がかかる趣味です。

それを手軽にしたダイソーやセリアなどの100均はすごいけど、
さて、その糸、どうやって作られてるのか、
質はどうなのか……。

ちょっと気になります。

ダイソーのレース糸は、編みぐるみにしやすいので夏によく使いましたが、
あれも、手芸店で買ったら値段が……(遠い目)






手芸店の冬セールで、きれいな色のメリノウールをつい買ってしまい、
今月既に予算オーバーなので(;´д`)
ひたすらまっすぐ編んでマフラーにして、
暇潰しはFGOとSideMで(笑)

あーでも出かけたい季節だしなー。
また使ってしまいそうな予感( ノД`)…