fionak’s blog

札幌在住。スマホゲームはやめました。

『障害者らしくしろ』という言葉の馬鹿らしさと害悪とは

先日、確かツイッター関連だと思うけど、

「『障害者らしくしろ』と言われて困っている人からよく相談を受ける。言われているのはみな女性である。男性も言われているであろうと考えると、体力的に弱い人を狙って言ってくるものと思われるので、そういう奴は『クソが』でいい」

というツイートがありました。
確かに『キレたら暴れそうな男』には誰もそんなこと言いませんよね。怖いし。



私がよく言われるのは、

『障害者のくせに◯◯しやがって』

みたいな、完全なる言いがかりです。

◯◯の部分には、
おしゃれ、化粧、買い物、アクセサリー、
音楽などの趣味全般、
仕事、旅行、
場合によっては『生きること自体』まで。


要するに君さ、
何をどうしようと文句言うんだべ?

『障害者らしさ』って何よ?
具合悪くて寝てたらそれはそれで悪口言うくせに。

話すときにわざと弱々しく声を出さざるを得ない状況にいる障害者がけっこういるんですが、
それは、あまりにも元気にしてると、
『障害者らしくない』から。

何ですか?
常に弱々しく、怯えながら生きろとでも?
何よその権力者が下っぱを見るような傲慢さは。






こういう発言をする人は、
ある意味、分かりやすいです。
『私は差別をしています!偏見に満ちてます!』
って、自ら叫んでいるようなものだから。



でも、この、
『障害者のくせに』
とか言うバカのせいで、

好きな服を着られなくなったり、
外に出るのが怖くなったり、
仕事したいのに出来なくなったり、
そういう人がいるんです。

つまり、社会に実害を与えてるんですよ。

普通に生きられるはずの人の生活を、
あなたの歪んだ価値観で邪魔しないでください。






私はアクセサリーが好きなのですが、
『障害者がおしゃれして目立つといじめられる』
と忠告してくる人がいます。

残念ですが、
昭和、平成の初めは確かにそうでした。
たかが数百円のアクセサリーを持ってるだけで、
『障害者のくせにぜいたくを』
とか難癖をつけてくるバカ。
(残念ですが、生活保護のお母さんが『ピアスをしてたら贅沢できていいわねと嫌みを言われた』とつい最近インタビューで言っていたので、今でもそういうバカは少数ながらいるようです)


あのね、
アクセサリーって、
高い貴金属だけじゃないのよ?

ほとんどの安いアクセサリーは、
服の一部なの。
安い素材で出来てるの。
日用品、消耗品なの。


前から不思議だったんですが、
数百円~千円のアクセサリーを妬む人って、
どんだけ辛い暮らしをしてるんですかね?
GUのシャツが買える人を妬むようなものなのに。

『あなたも援助を受けたほうがよろしくない?』
って言いたくなる。



というわけで、最後は、
『安いアクセサリーは素晴らしい』
でまとめたいと思います。(ひでぇ)

(ここ数年、キャンドゥのイヤリング売り場がやたらに気合い入ってて、衝動買いを誘ってくるので暇な人は見に行って下さい。安いから金具はあまりしっかりしてないですがデザインはなかなか良いですよ。器用な人は金具を交換したりリメイクしたりしましょう。そして、キャンドゥの100円イヤリングを妬む人がいたら、『百均で買い物すらできない辛い人生を送っていらっしゃるのね……』とうっすら同情してあげましょう)