fionak’s blog

札幌在住。スマホゲームはやめました。

「札幌、だめかも……」とわりとガチで思い始めた

市内の店が開いてないからと、
よその町に押しかけたり、
河川敷でバーベキューやって、
注意された腹いせなのか、
ゴミを片付けずに撒き散らしたり、


札幌の狂いっぷりを見て、
「ダメじゃん……」
と悲しくなっている道民はきっと多いのでは。

しかも、
「どうせうつらないから危機感ない」
とか言っているの、わりと若い人が多いですね。
年寄りよりはネットリテラシーも、
情報収集能力もあるはずなんだけど。



「あそこの店、表向きは閉まってるけど、
裏に人が集まって騒いでるのが聞こえる」

みたいな話も耳に入って来ます。

休業補償が少なすぎるのが問題で、
店も苦肉の策でいろいろやっているのかも。
でも、まずいと思うわ。


連休中、道には人が多かったのです。
出かけたいのはわかるけど、
大人数でぞろぞろ歩いてるのどうよ……(´・ω・`)



危機感は、確かに、この街からは感じられない。

そこにめちゃめちゃ危機感を感じる。


「俺様は絶対かからないから。なんでよその年寄りのために気を使わなきゃいけねえんだよ」

という雰囲気を、特に若い層から感じる。




札幌以外の町はあまり感染がないから、
札幌さえ動かなければ、
他の町は普通に戻れなくもないと思うんですが、

札幌のバカは、遊び場を求めて、
平気でよそに行ってしまうんです。

道内自粛というより、
『札幌人自粛』に近い。


なぜ今、そんなに遊びたいのか、
全く理解できません。



「好きな店が20件くらいなくなりそう」
という人もいて、

「そんなに店に行けるくらい裕福な人がいるのか」

と、ワープアは変なところに反応してしまう。


前から言われていましたが、
札幌の金持ちや偉い人には
東京などの富裕層と違って、
『倫理観』『世の中のために何かすること』『教養』『共同体への気づかい』
などが欠落している人が多い。
「金を儲けて暮らせりゃいいだろ」
「楽しく遊べればいいじゃん」
という価値観です。

だから、ウイルスで経済が止まり、
「人命のためです」
「かかったら危ない年寄りや持病を持つ人がいます」
といくら言っても、
彼らには全く響かない。
「は?あたしに関係ないでしょ?」
です。

本当に今、札幌は、
真面目な(まともな)人ほど困っていると思います。



なぜこんな浅はかな街になったのか。
「歴史がない」だけでは説明がつかない……いや、

他の、百年千年続いている街と違い、
札幌は、
『一世紀くらいで急に人口が増えた』街。

明治のはじめには、
数百人の村だった。
それが今や200万近い人口。



急に出来上がりすぎて、
人の思考や教養が深まらなかった?



でも、そんなのはこじつけにすぎませんよね。
道内のよその市はもっとまともですから。


『自分で情報を集める』
『自分で善悪を判断する』


それがない。
仲間がノリで出かけようと言ったら、
反対もせずホイホイ出てしまう。
似たレベルの人が集まるものですからね……。



他にも「札幌の人は考えていないのでは?」と思わせる出来事は、
昔から、職場や学校や派遣先でもありましたが、
そこは省略するとしても。


なんか……もう、札幌市民、
嫌になってきた(´・ω・`)


これで2週間後に感染者増えたら、
もう「バーカ」としか言われませんわ。