fionak’s blog

札幌在住。ゲーム自粛に失敗してグラブってます。

「プロになれば」なんて言わないで(超負担になります)

私は多趣味で、何でもちょっとずつ手を出しては挫折する……の繰り返しなのですが、
たまに、うまくできることもあります。

ただでさえ障害があって働き口がない、または、取り柄がそもそもないせいか、
何かが人より上手くいくと、
「本格的にやってみれば」
「プロになれば」
とからかい半分か、気軽に言う人がいます。


はっきり言って、迷惑です。


その言葉には、
「障害者という(劣った)存在なのに、普通にピアノ弾けるなんてすごい」
「ほかに稼げる能力ないんだから、できることくらい金もうけに使って税金払えよ」
という、馬鹿にしたニュアンスがあります。


そもそも、普通の人の世界なら、大人に向かって、
ブルクミュラー(習えば小学校低学年で弾ける)の曲ごときで「すごい」などと言うわけがありません。

水彩絵の具で花を描いたくらいで、
才能があるなんて、健常者には言わないはずです。
小学校の授業で誰でもやってます。



「障害者は劣っている」
という前提があるから出て来る発言です。



少なくとも私にとって、
絵を描いたり音楽をやったりするのは、
純粋に、それ自体が好きだからです。
それをやると(困難だらけの)人生が多少楽しくなったり、深くなったりするからです。


なのに、
「せっかくやるならプロを目指しなよ!それには一日〇〇時間の練習が必要で、人脈を増やすためにはイベントやパーティーに出て、作品をアピールするにはパソコンとか語学も必要で……」



うるせーよ誰もプロになりたいなんて言ってねえ。
本当にうんざりです。



ネットにも、絵そのもの、音楽そのものについてより、
「プロになるための練習」
「売れるためのナントカ」
なんて記事があふれていますね。


そういう人たちは、そもそも、
何のために絵や音楽をやっているんですかね?
絵そのものの美や意味、
音そのものが持っている情感やリズム。
本当に話題にするべき大事なものはどこへ?




お金や地位が欲しいだけなら、
他にいくらでも効率のいい仕事があるだろうに。



自分がプロを目指すのは勝手ですが、
それを他人に押しつけたい人って何ですかね?
なぜご自分でおやりにならないのですか?

本当に勧める気はなくて、
からかい半分でお世辞を言っているなら、
それは失礼ですから、やめてください。
わざとくさいにも程があります。




もちろん、絵も音楽も学ぶ意欲はあるし、
上手くなりたいとは思いますが、
それを商売にする気は0です。
そもそもシロウト級の腕しかないしな(笑)


症状のせいで体調や気分が乱高下するため、
継続的な練習や学習が困難、という面もあります。
そういうことを調整しながらギリギリで生きています。


手芸は一応収入になっていますが、
それは福祉の作業所だからです。

普通、手芸は収入にはなりません。
むしろ、材料費がかなり高くつきます。



ネットで誰でも(厳密には貧困などで弾かれている人が多いが)情報を発信できるようになったせいで、
「障害があってもネットビジネスすればいいじゃん」
と気楽に言いやがる輩にも遭遇します。


返事は、
「やりたくないです」
の一言に尽きます。


障害特性で物音や人の声が苦手、
電話どころか文字のやり取りすら苦手。
たくさんの人がいる場所には行けません。

これ、リアル世界の話だけじゃないんです。
ネット上でも、
人の注目が集まると強大なストレスになります。

この「ネット上でも駄目」の部分を、
理解していない人が多いです。


うっかり上手い演奏したのを勝手にネットに出され、
知らない人になんやかんや言われたストレスで、
病気になるとか。


障害がなくても普通の人でもあると思います。


たぶん投稿した人は、まあ、善意で、
「こんないいものがあるなら広めたい!」
とか思っちゃったのかもしれませんが、
他人の姿や作ったものを勝手にネットに載せるのは、
そもそもルール違反です。


ネットビジネスというのはだいたい、
ツイッターのフォロワーのようなたくさんのファンがいてこそ成り立つものですね。
ファンに支えられる芸能人のように。


人と接するのが重い負担になる人には、
「芸能人型」であるネットビジネスは向きません。
注目されるのがそもそも大嫌いですから。





「世の中にはそういう人もいるんだな」
「趣味でいい人もいるんだな」
ということを覚えていて欲しいと思います。